--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-06-17

びっくり玉手箱

今晩は、特に予定もなく
お洗濯と食器洗いを済ませ
夕食を喰らい、発泡酒を煽り
DVD鑑賞としけこんでいた。
もちろん、キャミソールにスウェットといった出で立ちで。

週末に独りでいることは
ここ数ヶ月間では、稀なことであった。
が、毎週の如く現れる素敵な笑顔を持つ紳士が
この週末に遠出をすることは、既に承知のことである。
私自身、明日は仕事ということもあり
おとなしく過ごすつもりであった。

酔いも程よく回り
くつろぎの時間を楽しんでいたとき
それは突然訪れた。

いつものように旋律を奏でる携帯電話。
素敵な笑顔を持つ紳士は言う。
紳士「なにしてる??」
つぼ「ん?。DVD観てた?。なしたの?。暇になったの??」
紳士「うん。Yがつぼに渡したいものがあるらしいんだけど
   これから大丈夫?」
つぼ「ん?。いいけど、なんかぶら下がってたりするよ?。」
紳士「ああ。洗濯したの?わかったわ。これからYと行くから。」
つぼ「あいあい。」

思いがけない来客。
慌ててくつろぎ着から普段着に着替え
開店準備を始める。

ここ数ヶ月の生活の変化により
依然とは比べ物にならないほど
部屋は片付けられているため
開店準備は程なくして終了。

店に現れた客人は2名。
素敵な笑顔を持つ紳士と
類稀なる美貌と体型を持つ紳士
もちこみ大歓迎の我が店で
小宴会が催される。

会話の中では
次回催し企画が立てられた。
名付けて
「リーマンナイト」
職業柄スーツを持ちながら
スーツを着る機会に恵まれず
酒宴の席についたことがないことから
スーツで街に繰り出そう大作戦。

最初は試行ということで
少人数からはじめることに。
徐々にメンバーを変えてゆき
ネットワークを広げていく。
みなの希望を網羅した画期的な計画は
果たして成功するのであろうか。
いや、それよりも
マンネリ化しつつある
この生活を打破するためには
必要な催しではなかろうか。

そうして、夜は更けていく...
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TSUBO

  • Author:TSUBO
  • 映画と酒をこよなく愛する。
    淋しがりの強がりモノ。
    楽しいこと大歓迎。
話題のキーワードランキング
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。